招待講演者

PastedGraphic-1.png

名古屋大学大学院 工学研究科

村上先生のご研究室では化学と生物学の両方の知見を用いて、生物学研究や薬剤開発に有用な分子を創製しておられます。
さらに得られた分子を組み合わせて新しい分析化学手法を構築し、

「見れなかったものを見る」「つくれなかったものを創る」

といった技術を開発して科学や社会の発展に貢献することを目標されておられます。

http://www.chembio.nagoya-u.ac.jp/labhp/bioanal2/index.html

image.png

北海道大学大学院 理学研究院化学部門准教授

角五先生のご研究室では積極的に数種ないしは十数種類の化合物から成る混合物を作り、それぞれの成分単独ではなし得ることができない機能・構造・反応を作り出すこと(創発)を目指し研究を行っておられます。http://wwwchem.sci.hokudai.ac.jp/~matchemS/profile/profile_kaku/index.html

Yamayoshi.jpeg

長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 教授

山吉先生の御研究室では、「生体分子(核酸・タンパク質)」、「創薬(機能性分子開発)」、「診断(検出法開発)」をキーワードに、合成化学、物理化学、生化学、生物学などの観点から、生命現象の解析ならびに疾患治療分子の開発を目指して研究を行っておられます。

http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/function/index-j.html

築地(228x322pixel).jpeg

名古屋工業大学大学院工学研究科

生命・応用化学専攻

​教授

築地先生のご研究室では、有機化学と分子生物学の技術を活用し、「細胞を見る・操る・作る」ための新しい化学(ケミカルバイオロジー)を開拓しておられます。特に、小分子プローブ、機能性リガンド、設計蛋白質、合成情報伝達経路など、さまざまなタイプ・階層の分子や分子システムを独自のデザインで設計し、作り、それらを細胞機能の解析・イメージングや人工制御へと展開しています。

http://tsukijilab.web.nitech.ac.jp/index.html

亀井謙一郎.jpg

京都大学 物質-細胞統合システム拠点

亀井先生の御研究の最終目標は、工学的なアプローチを基にヒトや動物などの生体を「ヒトの手で再現する」ことです。亀井先生はその代表的な例として、親指ほどの小さなチップ上に再現してしまう「Body on a Chip(ボディー・オン・チップ)」の研究・開発に取り組んでいます。この研究は、創薬や再生医療、更には野生動物保全にも貢献することができます。

https://ken1kameigroup.org/